結婚式準備の喧嘩の解決法!彼が手伝ってくれないときは?

喧嘩

 

こんにちは、スタジオKの林田です。

結婚式の準備で喧嘩をする人、多いですよね。

もちろん、私も喧嘩をした一人です。

全くしなかったという人の方が珍しいかもしれません。

 

喧嘩の1番の原因は、彼が結婚式の準備を手伝ってくれないということなんです。

 

結婚式の準備って、ドレス、料理、引き出物、配席、BGM、演出など、決めなければいけないことが目白押し。

やることいっぱいで、結婚式前っていつも以上に心に余裕がないんですよね。

なのに彼が準備を手伝ってくれないから、喧嘩もおこりやすい。

 

今回は、彼が結婚式の準備を手伝ってくれないときの解決法をまとめました。

 

 

なぜ、彼は手伝ってくれないのか考えてみる

 

 

結婚式は女性が主役と考えているから

女性が主役だから、男は口出しせずに彼女にまかせた方がいいという考えの彼は沢山います。

それがいい方向に働くこともあれば、男の自分は大して何もしなくていいんじゃないかという、悪い方向に働いてしまう場合があります。

 

 

結婚式自体にノリ気ではないから

結婚式なんてお金と時間がもったいない上、面倒だ、という考えの彼。

もともとノリ気じゃないけど、彼女がどうしても結婚式をしたいと言ったからしぶしぶというパターンです。

 

 

仕事が忙しいから

仕事が本当に忙しすぎてなかなか準備の時間をつくることができない人も実際にいます。

手伝いたくてもなかなか手伝えないという人です。

 

 

彼が手伝ってくれないときは、こうすればいい

 

解決法1 あとは選ぶだけにしてあげる

風船

 

彼が何もしてくれないなら、あとは選ぶだけという状態をつくってあげましょう。

どれだけ至れり尽くせりなんだという感じですが(笑)、スムーズに準備を進めることができるのでおすすめです。

 

 

例えば、親族が宿泊するホテルを決めるときを例にあげてみます。

 

■通常の場合

 

 

新婦

両家の親族が泊まるホテルどうする~? そろそろ決めよーよ。

一緒にネットみてみよー。

 

新郎
めんどくせー。適当にきめちゃってよ。俺、そういうの苦手。

 

新婦
両家のことなのに、適当なんて無理。

ちょっとぉ、ちゃんと一緒に決めよーよ(怒)

 

彼氏がちっとも決めてくれない。
一緒に選ぼうとうもしない。

そして彼女の方がブチ切れ。

よくあるパターンですよね。

 

 

一方、あとは選ぶだけという状態にしてあげるとどうでしょう。

 

■あとは選ぶだけという状態の場合

 

新婦

両家の親族が泊まるホテルどうする~?

そろそろ決めないといけないから、私調べてみたよ。

で、3つ候補を絞ってみたんだけど、どれがいいかなと思って。

新郎
おぉ、どれどれ。

 

新婦

◆Aホテル

宿泊代)1万円/人 合計20万円 メリット)駅から10分  デメリット)古い

 

◆Bホテル

宿泊代)1万3千円/人 合計26万円 メリット)駅前  デメリット)ちょっと古い

 

◆Cホテル

宿泊代)1万7千円/人 合計34万円 メリット)駅から20分・おしゃれ  デメリット)なし

 

どう?

 

 

新郎

調べてくれたのかー、やるねー!

俺は駅前のBホテルがいいと思うなー。

 

 

こんな感じで、少ない選択肢から選ぶだけなので、すんなり決まります。

 

候補は3~5つにし、それぞれの費用に加え、メリット・デメリットも一緒に提示してあげると、とても選びやすくなります。

 

 

 

解決法2 期限を早めに設定する

スケジュール

 

当日のゲストの配席など、彼しか決めれないものもありますよね。

でも、いっこうに動こうとしない彼。

困りましたね。

でも、そんな彼には期限を前倒ししてお尻を叩きましょう。

お尻を叩くといっても、準備しろしろと怒鳴りつけてはだめです。

 

まず、本当の期限は隠し、少しだけ前倒しした期限を本当の期限だと思わせます。

あとは彼さえ決めればいいというような状態にするんです。

あなた(彼女)はきちんと準備できている→あとは自分(彼)がやればいいだけの状態→遅れたら自分(彼)のせい(彼女には非がない)

という流れをつくっておきます。

「準備に間に合わないのは自分(彼)のせいだ」と彼に認識させるのは、とても重要です。

とりかかりが遅いタイプでも、大抵は締切前日なら慌てて作業をします。

それが本当の締切前日ならあなた自身も気が気じゃないし、慌てている分ミスも起こりやすいため、見直しができるように期限を前倒しするのです。

 

 

解決法3 わりきって楽しむ

楽しむ

 

彼が準備を手伝ってくれない、無関心。

「じゃあ、好きなように準備させてもらおう!」と考え方を変えるのはおススメ。

結婚式は二人で一緒に準備するものですが、全てを一緒に準備する必要はありません。

この際、自分の好きなように楽しめばいいんです。

ちなみに私はぜんぜん楽しめます(笑)

自分の思い通りにできるなんて、ラッキー!くらいの心構えでいたら、気持ちも自然と晴れますよ。

 

 

解決法4 プロにまかせる

昼寝

 

彼が準備を手伝ってくれないと、あなたの負担は自ずと大きくなります。

もし手作りアイテムを考えているなら、あなたの負担は大きくなっていきます。

少し費用はかかりますが、プロにまかせることであなたの負担を大きく減らすことができますので、考えてみてもいいでしょう。

プロに頼むことで、あなたの負担を減らしグレードをあげることができます。

また、プロにまかせるのは手作りに限ったことではありません。

結婚式準備の「選ぶ」ということに負担を感じているなら、式場の担当者に助言を仰ぐのもおススメです。

私の場合、音楽に疎ったため、BGMを決めるのにすごく神経を使いました。

沢山CDを借りてみたりしたものの全く選ぶことができず、結局音響担当の方におすすめBGMリストを作ってもらいました。

こんなに選ぶことに疲れるなら、最初からおまかせすればよかったと思いましたよ。

 

 

まとめ

彼が準備を手伝ってくれない、何もしてくれない、

もしそうであれば、確かにあなたの心労は大きいですよね。

 

彼が準備を何も手伝ってくれない!こんな人だと思わなかった!

大切な結婚式の準備もきちんとできないなんて、この先大丈夫なの?

なんて怒りや不安でいっぱいになってしまうかもしれません。

 

でもだからといって、彼を怒鳴りしつけたり責めまくるのは、余計に事態を悪化させてしまう可能性も。

 

結婚式の準備=彼の全て

ではありません!

 

これさえわかっていれば、そう感情的になりすぎずにすみます。

 

手はかかるかもしれませんが、ここはあなたが先回りして「彼の準備がはかどるようにサポートしてあげよう」というくらいの気持ちをもってあげるといいでしょう。

 

意外とすんなりスムーズに準備が進み、あなたの心労もかなり減ってきますよ。

 

 


結婚式ペーパーアイテムオンラインショップ
『スタジオK』

バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です