営業時間: 平日10:00~17:00 来店も可能!!【要予約】

結婚式の招待状・席次表を販売している、双子のブログです

双子が運営する結婚式のペーパーアイテム専門店はこちら

【必見!】席次表を手作りするときの9つの注意点。これさえ守れば、失敗しないよ!

林田
WRITER
 
r_ki_te_04
この記事を書いている人 - WRITER -
林田
双子の姉。 結婚式の招待状・席次表の専門店「スタジオK」の代表。 福岡生まれ、福岡在住、二児のママ。 大学卒業後は制作会社に勤務。 百貨店などのサイン、化粧品会社のDMなどの仕事を担当。 2012年、ペーパーアイテム専門店「スタジオK」を立ち上げる。

 

結婚式の招待状・席次表の専門店のスタジオKの林田です。

 

この記事をお読みの方の中には、結婚式で席次表を手作りするかどうかお悩みの方も多いかもしれませんね。

 

新婦さん
席次表は手作りしてみたいけれど・・・

失敗したらいやだからなぁ、自分でちゃんとできるか不安。。

 

席次表を手作りするか悩んでしまう理由の一つは、失敗せずに自分できちんとつくれるかどうか不安だから。

 

でも、大丈夫!

 

注意するべきポイントさえ分かっていれば、席次表を手作りしても失敗しないんです!

 

 

新婦さん

調べても、意外とそういうことって載ってないのよねぇ…

 

 

林田

そうそう、ニッチすぎるからか、なかなかないですよね^^

でも席次表を手作りするとき、注意するポイントを知っているか知っていないかで、ミスがぐんと減るんですよ!

 

 

 

では早速、書いていきますね!

 

 

1.両親の名前には「様」をつけない

 

通常、自分たちの両親には「様」はつけません。

これは、親も新郎新婦同様、ゲストを招待する側として考えるからです

 

例えば、何かお誘いの手紙を送る時に、送り先の相手の名前には「様」はつけるけれど、差出人の自分の名前には「様」をつけないですよね?

極端な例にはなりましたが、そんな感じ。親も招待する側となるので、親の名前には「様」はつけません。

 

親以外の家族には「様」をつける?つけない?

身内の兄弟や、家に嫁いできたお嫁さん、逆に嫁いでいった自分の姉妹への「様」のつけ方は、人それぞれ。家の考え方、結婚式を挙げる式場や地域や文化によって異なります。

「様」のつけ方は、ご両親や式場のプランナーさんに必ず相談しましょう。

また、「様」のつけ方は両家でそろえてくださいね。

 

 

2.年号や西暦を間違えない

 

席次表にはほとんどの人が自分の挙式日を記載します。

 

例えば、

平成○年〇月〇日

20○○.〇.〇

いう感じです。

 

ここで、要注意!

さすがに日にちを間違える人はいませんが、年号や西暦を間違えてしまう人が意外といます。

 

 

林田

凡ミスですが、意外と皆さん見落としがち!

必ず確認しておいてくださいね。

 

 

また、席次面の裏側にプロフィールなどを記載する人は、自分の誕生日などの西暦や年号も挙式日の記載の仕方とそろえるようにするといいですよ。

挙式日を20○○.〇.〇という風に西暦で記載するなら、誕生日も西暦で。

挙式日を平成○年〇月〇日という風に年号で記載するなら、誕生日も年号で。

といった感じです。

 

3.早めにとりかかる

 

早めにとりかかる、これもとっても重要!!!

ゲストの配席が大体決まったら、席次表のデータを作り始めましょう。

 

新婦さん
え!データの作成って、配席が完璧に決まってからじゃダメなの?

 

林田
そう思う人も多いかと思いますが、これはおすすめできません!

 

結婚式直前になると必ずといっていいほど、欠席者が出ます。配席ってほんとなかなか決まらないもんなんです。完璧に決まるまでと思っているとあっと言う間に結婚式になってしまいます。

 

では、どうずればいいか?

 

結婚式の1か月前位には、大体の配席を決めておき、席次表のデータ作成にとりかかることです。

 

林田
土壇場にバタバタつくると、かなりのストレスに。。早めにとりかかることで、心の負担もぐんと減ります!

 

 

4.事前に試し刷りをする

 

データをいざ印刷してみると、プリンターの調子がおかしかったり、紙との相性が悪くて印刷できないなんてことになったら、パニックです。

 

まずは、商品が届いたらきちんと印刷できるか確かめることが大事!

購入する前に、サンプルで試し刷りができれば、ベストです!

 

必ず試し刷りをしてくださいね!

 

5.印刷は1週間には終わらせましょう。

 

自分のプリンターできちんと印刷できるか試し刷りで確認していても、最終データの印刷は1週間前には行いましょう。

 

理由は2つ

➊印刷してみて初めて間違いに気づく場合があるから。その場合、1週間あれば予備の紙を調達できるから。

❷席次表はデータを印刷した後、印刷用紙を表紙(外カバー)にセットする作業があるから。

 

1日でできる作業ですが、結婚式直前はなにかと忙しいです。無理のないスケジュールを組むことは大切です。

 

※ちょっと話はそれますが、会社には内緒で夜な夜な会社のプリンターでコソコソ印刷するのは絶対にやめてくださいね。会社のプリンターって、あんまりメンテナンスされていないためキレイに印刷できないとか、パソコンとプリンターとのデータ送信が正しく行えないとか、けっこう印刷トラブル多いんです。。。

 

 

 

6.忌の漢字・重ね言葉は使わない

 

新婦さん
忌み言葉って何?

 

林田

特定の場面で使用を避ける言葉です。

結婚式でも縁起が悪いといわれている忌み言葉があるんです。

 

 

具体的には、たびたび・重ねて・再び戻る・戻す・繰り返す・繰り返し・再度・別れる・分かれる・切る・返す・去る・絶える・忙・カットなどなど

忌み言葉ってあげだしたら、キリがないんです。

 

結婚式で忌み言葉とされているものは、

・夫婦の別離を連想させる言葉

・再婚を連想させる言葉

・不幸、不吉、死を連想させる言葉

・同じことを繰り返す重ね言葉

のようなものです。

 

これらに当てはまる言葉は使わないようにしましょう。

 

間違って使ってしまう人が続出!要注意の忌み言葉!

 

 

林田

間違って使ってしまう人が、本当にたくさんいます。

要注意の忌み言葉をご紹介しますね!

 

間違って使われやすい忌み言葉

×「ご多忙中のところ 誠に恐縮に存じますが」

〇「ご多用中のところ 誠に恐縮に存じますが」

ご多忙中の「忙」という字は、「亡」の字が含まれます。そのため、この漢字は避けるようにします。「ご多用中のところ」「おいそがしいところ」など「亡」を使わない文字にすれば大丈夫です。縁起が悪い漢字は、ひらがなにするか、違う表現にします。

 

×「笑顔の絶えない家庭」

〇「笑顔のたえない家庭」「笑顔溢れる家庭」

 

7.句読点は使わない

 

席次表(招待状も席札もですが)の文章には「、」「。」などの句読点を使わないようにします。

理由としては、句読点は区切りの意味するもの、またお祝いごとには終止符を打たないという意味合いからだそうです。

 

「。(句点)」 → 削除、または削除して段落を下げる

※段落を変えた場合に文頭を一文字下げるのもマナー違反なので注意。

 

「、(読点)」 → 代わりにスペースを使用

 

 

8.ゲストの名前の漢字はしっかり確認しておく

 

ゲストの名前の漢字が間違っていた!そうあわてて印刷をし直す人も実は多いんです。

名前を間違えてしまうのは、かなり失礼になってしまいますのでその漢字で合っているのか、必ず確認しておいてくださいね。

 

間違えやすい漢字は、特に注意!

特に間違いやすい漢字を下の表にあげておきますね。

machigaiyasuikanji

 

9.必ず3人以上で校正する!

 

校正は、自分だけで終わらないようにしましょう。何度自分で校正しても、自分の間違えってなかなか見落としてしまうこともあります。

パートナー・式場担当者がそれぞれ校正を行うことで、ミスは格段に減ります。

式場担当者は間違えやすいポイントや、結婚式のマナーを把握しています。(のはず)

自分たちが気が付かなかった間違いを指摘してくれたり、アドバイスをもらえたりします。

また当日の卓やゲストの配置と席次表に相違がないか、再確認のためにも必ず式場担当者に校正をお願いするようにしましょう。

 

これは特に大切なので、もう一回言いますね!

新婦さん・新郎さんが、印刷前のデータに間違いがないかそれぞれ校正をする。

その後、式場担当者に校正をお願いする。

必ず3人以上で校正をしてください。

 

 

まとめ

 

いかができたでしょうか。

 

席次表を手作りするときの注意点は、

1.両親の名前には「様」をつけない

2.年号や西暦を間違えない

3.早めにとりかかる

4.事前に試し刷りをする

5.印刷は1週間には終わらせましょう。

6.忌の漢字・重ね言葉は使わない

7.句読点は使わない

8.ゲストの名前の漢字はしっかり確認しておく

9.必ず3人以上(式場担当者を含む)で校正する!

 

上の9つのポイント、意外と当たり前のことだったりします。

 

でもこの9つの注意点を事前に把握しておくのはとっても大事!

そう、この9つの注意点さえしっかり押さえていれば、失敗しないんです。

 

せっかく席次表を手作りするのなら、絶対失敗しないようにしたいですよね!

 

 

 

以上、スタジオKの林田でした^^
林田の結婚式専門のネットショップはこんな感じ↓↓
有名ホテル・結婚式場御用達のアイテムを安く(式場の半額くらい)で買えますよ。
ネットショップだけれど遊びにきてね^^

林田

 

双子の姉妹の小さな小さなお店です^^

工藤

 

全国の10000組以上の新郎新婦に利用いただいている
結婚式のペーパーアイテム専門店(ネットショップ)
スタジオK

結婚式招待状
結婚式席次表
引き出物袋
スタジオKが選ばれる理由

有名ホテル・結婚式場御用達のアイテムを安く(式場の半額くらい)で買える。
・結婚式の招待状・席次表をめちゃくちゃ簡単に手作りできる
手作りなのに、仕上がりがプロがつくったみたいにキレイ。
・顔が見えるような心のこもったサービスがうけれる。
上質で最高レベルの結婚式のペーパーアイテムが揃っている。
・お客様満足度がなんと99%以上

 

 

 

 


この記事を書いている人 - WRITER -
林田
双子の姉。 結婚式の招待状・席次表の専門店「スタジオK」の代表。 福岡生まれ、福岡在住、二児のママ。 大学卒業後は制作会社に勤務。 百貨店などのサイン、化粧品会社のDMなどの仕事を担当。 2012年、ペーパーアイテム専門店「スタジオK」を立ち上げる。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 結婚式のお役立ちブログ , 2016 All Rights Reserved.