【例文つき】結婚式の招待状の返信ハガキでゲストにアレルギーの有無を確認する方法と流れ

アレルギーメイン

こんにちは、スタジオKの林田です。

今回は、結婚式の招待状の返信ハガキでゲストにアレルギーの有無を確認する方法と流れについて説明していきます。

 

結婚式の招待状でアレルギーの有無は確認したほうがいいの?

答えはもちろん、YES。

結婚式の招待状でアレルギーの有無を確認しましょう。

最近ではアレルギーの記載をする式場・新郎新婦さんがとても増えました。

その理由は、それだけアレルギーをもつ人が多いということです。

特にアレルギーをもつ子供さんは多いです。

結婚式のお料理を食べてアレルギーが出てしまったなんてことになったら大変ですよね。

下手をすれば命にかかわることもあります。

アレルギーの有無はぜひ確認しましょう。

 

 

林田

厚生労働省によると、全人口の1~2%(乳児に限定すると約10%)が何らかの食物アレルギーをもっていると考えられています。 この割合から、ゲストが100人だとすれば、1~2人が食物アレルギーをもっているということに。

確率的には高いですよね。

 

 

 

 結婚式の招待状でアレルギーの有無を確認する方法。

 

方法としては3つあります。

 

①返信ハガキの裏面にアレルギーの記載をする方法。

②本文にアレルギーの記載する方法

③アレルギーの記載をした付箋を入れる方法

 

①の返信ハガキの裏面に記載する方法が最も多いです。

 

 

林田
返信ハガキにアレルギーを記載する箇所を予めつくっておくと、アレルギーをもつゲストは進言しやすくなるのでおすすめです。

 

結婚式の招待状にアレルギーの記載をする前に、必ず式場に確認をしよう!

 

 

自分でアレルギーの文章を考えずに、必ず式場に確認してください。

その理由は2つあります。

 

①自分で考えるより式場に聞いた方が早いから

②アレルギーの対応の仕方は式場により異なるから

 

うちの式場ではアレルギーの文章はこれだというように、最初から決まっている場合が多いんです。だからあれこれ自分で考えるより、どのようにアレルギーの記載をしたらいいか聞くのが一番です。

 

最近ではアレルギーへの理解も定着し、アレルギーに対応する式場が増えてきました。

しかしアレルギーの対応の仕方は式場により異なるので注意が必要です。

別のメニューを用意できるのか、それとも素材の一部だけ変更するのかなど、どの程度アレルギーの対応が可能なのかを式場にしっかり聞きましょう。

 

結婚式の招待状の返信ハガキ記載のアレルギー確認の文例

 

 

 

アレルギー1

 

式場に聞くのが一番なのですが、特に式場に決まったものがないという人のためにアレルギーの文例をいくつかあげてみたいと思います。

※以下に文例をあげてはいますが、どの程度アレルギー対応ができるか式場によって異なります。

必ず式場に確認してから使用してください。

 

 

一般的なもの

(文例)

食物アレルギーがある場合下記にご記入ください できる限り配慮させていただきます

食物アレルギーをお持ちの方は詳細をお知らせ下さい

食物アレルギーをお持ちの方は〇でお囲みください 卵 乳製品 小麦 そば 落花生 エビ カニ  その他 (                               )

当日のメニューの参考のためアレルギーやお召し上がりになれない食べ物がございましたらご記入ください

 

アレルギー対応が難しい場合

(文例)

食材のアレルギーなどがある場合はできる限り配慮させていただきますのでお書き添えください

食べ物にアレルギーのある場合はメッセージ欄にお書き添えください できる限り配慮させていただきます

 

(ポイント)

「できる限り配慮させていただきます」という一文を加えておくと、式場がアレルギー対応が完全にできない場合でも安心です。

 

主義や宗教に配慮したい場合

(文例)

食物アレルギーやお食事の制限により お召し上がりになれない食材がございましたらご記入ください

 

(ポイント)
外国人がゲストに1人でもいる場合や、肉を食べない人がいる場合などにおすすめです。

 

返信ハガキにアレルギーがあると書いたゲストがいたときは?

まずは式場に相談しましょう。

アレルギーがある食材が入っているメニューを確認し、料理自体を違うものに変更するのか、素材の一部を変更するのかなどを相談しましょう。

 

 

林田

アレルギーの対応が完全にできない場合は、アレルギーをもつゲストに、どの料理にその食材が含まれているのかを事前に本人に教えてあげましょう。

ゲストとしてもどの料理にその食材が入っているのかいないのかを把握できるので、その他の料理を安心して楽しむことができます。

完全に対応できなくて申し訳ありませんという気持ちを伝えておくとさらに丁寧です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
アレルギーの有無は、ぜひ確認するようにしてください。

 

どの程度アレルギー対応ができるかは、式場によって異なります。

 

どのような文言を使用してアレルギーの有無を確認するのか

実際にアレルギーをもつ人がいた場合、どのような対応をしていくのか

を必ず式場と相談してくださいね。

 

 

 


結婚式ペーパーアイテムオンラインショップ
『スタジオK』

バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です