結婚式の招待状の封筒|宛名と住所は何を使って手書きしたらいい?

宛名書き

こんにちは、スタジオKの林田です。

 

今回は、招待状の宛名書きの際の「何を使って書けばいいの?」という疑問に答えたいと思います。

宛名書きは手書きをするわけですが、代表的な字を書く筆記用具「筆・筆ペン・万年筆・サインペン・ボールペン」を例に出して説明していきます。

 

筆

宛名は毛筆が正式なマナー。
美しい毛筆でかかれた招待状は、格式高く、本当に素敵です。しかし普段から書道をたしなんでいない人が、いきなり筆で美しい文字を書くのは技術的に難しいかと思います。

 

字はほどほどのA子
書道やっておけばよかったわ。

注意! 封筒の紙質によって、普通の墨汁だとしみやすい場合もしばしばあります。
注意! 墨汁の色は黒を使いましょう。薄い色は仏事になるためNGです。

 

筆ペン

筆ペン

筆が正式なマナーだけれど、筆を使いこなすのは難しい。そこでほとんどの人は筆ペンを使用しているというわけです。最近ではペンと同じような感覚で書ける使いやすい筆ペンもありますよ。
筆ペンは手軽で太さも出るのでおすすめです。

字はほどほどのA子
これなら、私でも書けるわ。まぁまぁね。

注意!黒色の筆ペンを使いましょう。薄い色の筆ペンは仏事用ですのでNGです。

 

万年筆

万年筆

 

万年筆でも良しとはされているようです。しかし万年筆は意外と使いこなすが難しい筆記道具です。上手く使いこなさないと、ものすごく汚い字になりやすいので注意が必要です。

字はほどほどのA子
万年筆初めて使ったけど、普段の字より汚くなってしまったわ。

 

サインペン・ボールペン

ボールペン

 

基本的にNGです。サインぺンとボールペンは日常で使う筆記用具ですので不向きです。考えてみればそれ以外の理由もありますよね。サインペンでは、にじみやすい、汚くなりやすい、美しい文字が書きにくい。そしてボールペンでは細すぎ、チープなイメージになってしまいます。

字の上手さはほどほどのA子
なんかチープな感じになってしまうわ。

 

字が下手でどうしても手書きしたくない。印刷は絶対だめ?

 

今の時代でも、招待状の宛名書きに至っては、ほとんどの人が手書きをしています。その理由は、毛筆が正式なマナーであることに加えてやはり手書きの方が気持ちが伝わるから。これに尽きると思います。

 

字が下手なB子
私は字がとんでもなく下手。手書きなんて絶対に見せれない。

無理なのよ!無理!無理!

 

字を書くとにものすごくコンプレックスがある人。こんな人もきっといますよね。私の周りにもいました。
毛筆で手書きをするというのが正式なマナーではありますが、印刷が絶対にダメという決まりはありません。どうしても印刷をする場合は、毛筆に似た書体を選ぶようにしましょう。

 

 

林田
目上の人・手渡しする招待状だけでも、手書きすることをおすすめしています。

 

 

筆耕

少し費用はかかってしまいますが、手書き、印刷の他に筆耕を依頼するという手段もあります。最近では結婚式の招待状の筆耕を専門に扱う業者も増えました。インターネットで検索するとすぐに出てきます。
筆耕を依頼する場合、実際に字を書いてくれる人が本当に美しい字を書けるのかは確かめましょう。筆耕依頼したのにこの程度かなんてガックリしたくないですから。
また切手の貼り位置は念の為に伝えておきましょう。結婚式の招待状の筆耕を専門にする業者なら切手の貼り位置は正しい位置を確保して宛名を書いてくれるのですが、そうでない業者だと知らないなんてこともあります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
結婚式の招待状の宛名書きをする場合、筆あるいは筆ペンを使うことおすすめしています。
たとえとびぬけて字が上手くなくても、筆あるいは筆ペンで名前を丁寧に書かれた招待状は、とても誠意を感じるし、好感がもてます。
結婚式ってとても大切な日です。だからこそ、あなたの気持ちが伝わるよう最善をつくしてみてはいかがでしょうか。

 


結婚式ペーパーアイテムオンラインショップ
『スタジオK』

バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です